記事の詳細

http://www.infilic.co.jp/shimizu/?m=200704

『お客様からの要求に充分なサービス品質で応えた上で、
更に潜在的、且つお客様にとって有意であるサービスを
考え・提起し・提案を行うことで価値と成果を創出すること。』  …引用部

インフィリック株式会社 清水社長は、社長のブログの初めての投稿で、マーケットクリエイト
なる言葉に、創業の思いを込める。こちらの言葉は、ググっても見当たらない。いくつかの
社名の会社が上位化しているのみである。
営業というと、もしかしたら、押し売りをするというイメージが
今の若い人たちの中にはあるかもしれないが、それは違う。本来は、営みの生業である。
どんなにコンピューターが発達しても最後までなくならないと言われている仕事が営業である。
営業の基本は、顧客の立場で考え、顧客の要望を上回る価値を提供し、感動をもたらすこと。
そして、顧客が、考えてもいなかったが、それでいて、顧客にとって利益をもたらす提案を
行うことである。
実際、どこまでお客様に喜んでいただけているかは、判断が難しいが、その一つの通信簿が
売上であるといわれる。だから、営業は、日々全力投球で戦い、日々苦しみ、そして心底お客様より
喜んでいただき、日々成長していかねばならないのだ。
インフィリック株式会社 清水社長は、それだけでは、飽き足らず、組織、で感謝と価値と
売上を創造しようとしてるように思われる。これは、とてつもなく、スケールの大きなことだ。
顧客ひとりひとりに対し、価値と成果を創出するのも大変なのに、それを数万人を対象に
行おうとしているのであるから。
どこまで私たちは、近づけるのであろうか。

それにしても、インフィリックという社名の由来は、どこから来たのであろうか。
マーケットクリエイトなる言葉が目新しいのと同様に、インフィリックという言葉も、また
独特の造語のように思えるのだが。100年続く企業という連想からインフィニティからの
連想なのであろうか。

インフィリック株式会社
http://www.infilic.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る