記事の詳細

スターワークスでは、常に多彩な分野で求人をおこなっています。エンジニア専門のアウトソーシング会社として10年以上の歴史を持つため、全国のあらゆる企業から日々ニーズが寄せられています。ここでは、スターワークスの求人がどのようなものなのか、またどういった特徴が見られるかなどをご紹介しています。

スターワークスの求人情報

スターワークスでは地域ごとに会社が分かれ、それぞれの地域に密着した事業体制を取っています。北から順に東日本・関東・東海・西日本エリアと、地域に根ざした事業へ取り組んでいます。営業先企業と密にコミュニケーションをとり、隠れたニーズや必要な人材のタイプなどを見いだします。それにより、多くの求人が生まれているというわけなのです。

エンジニアという専門職を取り扱う会社なだけに、誰もが即戦力的な能力を備えていなければならないかといえば、決してそうでもありません。基礎スキルは必要ですが、それ以上にコミュニケーション力・やる気を重要としています。真摯に業務に取組む姿勢さえあれば、スキルアップやキャリアアップなど、スターワークス独自の体制によりしっかりサポートしてくれます。

サポートへの取り組みに関しては、以下インタビュー記事で詳しく紹介されています。エンジニアのアウトソーシングを主とするスターワークスですが、強い熱量にて育成へもこだわっていることがうかがえます。スターワークスの求人情報は、ただ職探しをするための場ではなく、成長のきっかけを見つけられる情報としても魅力的なのです。
スターワークスの求人情報とインタビュー記事

スターワークスの求めている人物像

スターワークスが募集する人材は、製造業やIT産業で活躍するエンジニアです。主には、機械、電気、電子、組込み、情報システム、化学の6分野で活躍できる人材です。担当する工程は、製品企画から基本設計、詳細設計、生産技術、試作・評価、運用保守など幅広く募集しているため、エンジニアとしての素養・経験があれば、応募を検討して問題ないでしょう。10年超に及ぶ経験とノウハウにおいて、さらなる成長のバックアップや最適な職場への派遣が期待できます。また同社が独自に公開している求人情報では、職種、勤務地ごとに募集しているので、いわゆる大手求人サイトのような形でも検索ができます。

前述のとおり、スターワークスで求める人材は、技術面で優秀なエンジニアだけではありません。むしろ、周囲と円滑にコミュニケーションをとり、意欲的に仕事へ臨む姿勢が重要視されています。ものづくりは、個人で完結できる仕事ではありません。パートごとに分かれていたり、また仮に一人で製作できるようなシンプルな製品の製造であっても、パッケージングや流通、販売があってこそビジネスが成り立ちます。そのため、協調性をもって取り組む姿勢が重要なのです。また、アクシデントや難題に直面したときでも、チームや前後工程を意識し、全体のために考え解決に導ける行動力のある人物も、スターワークスエンジニアの理想とされています。

スターワークスの労働環境

スターワークスは、技術アウトソーシングを主力事業としています。近年は特に、機密確保のため開発・設計を外部に出さないケースが増えており、スターワークスのエンジニアも、クライアントの元に常駐するケースが多くあります。そのような理由から、労働環境は一概に説明することは難しく、クライアント先それぞれで異なるのが実際のところです。ハイテク分野であれば綺麗さ、清潔さが期待できますし、逆に老舗企業ならアットホームさや職人同士の連携が特徴的かもしれません。とはいえ、スターワークスのクライアントは一部上場企業を中心とした大手企業であり、どの職場も働きやすい環境であるのは間違いないでしょう。

また、環境などにこだわりがあるのであれば、スターワークスの求人検索ページにて「特色から探す」という欄を活かすと良いでしょう。ここには、女性比率高・自動車業界・IT業界・インフラ系・東証一部上場企業など、細かく環境を選択できるチェック欄が用意されています。条件を絞り込むことで、より理想的な求人情報が探しやすくなります。

スターワークスの福利厚生

企業に属して働く際、大きな指標の一つとなるものに、福利厚生が挙げられます。単純に得な働き方ができる、働くモチベーションとなる、万が一の場合でも安心、会社から大事にされている感覚を持てるなど、多くのメリットに繋がります。その点に関して、スターワークスはどういった仕組みとなっているのでしょうか。

スターワークスの福利厚生は、比較的充実しているといえるでしょう。ビジネス関連の口コミに挙げられた回答などを見ても、福利厚生が魅力的と答えているものは少なくないようです。ただ、前述の通り勤務地は多種多様なので、内容も派遣先ごとに異なる場合がほとんどです。どうしても譲れない福利厚生があるのであれば、あらかじめ有無を確認した上で勤務に臨むべきでしょう。

主な内容としては、通勤手当、時間外・深夜・休日出勤手当、家族手当、資格手当、赴任手当、役職手当などが見られます。また給与改定や賞与を取り入れているようです。スターワークス社を通して受けられる福利厚生としては、スキルアップ支援が大きいでしょう。外部機関を使用した技術習得研修や外部定期セミナーへの参加受講料補助、資格取得に関する受験料一部補助など、バックアップ体制が整えられています。勤務先での福利厚生と合わせて、嬉しく感じられる部分となることでしょう。

スターワークスの社員や年齢層

スターワークスでは、派遣の形態によりアクティブに活躍するエンジニアも正社員として募集されています。エンジニア・営業を問わず、スターワークスは全社員を正社員として雇用しているようです。そのためスターワークスの社員とは、派遣エンジニアの管理をする側のみに留まらず、現場はじめ、関わる全ての人間が当てはまります。社名を背負う社員となるだけに、各エンジニアへは徹底した研修や講習がおこなわれます。社員としての責任感や期待値も感じつつ、高いモチベーションのもと業務に取り組むことができます。

スターワークスにおける年齢層の傾向としては、2〜30代の若手、40代の中堅、5~60代のベテランエンジニアと、全年代の社員が活躍しているようです。エンジニア育成やバックアップに力が注がれているのも、そういった傾向を見てのことかもしれません。明るく活気ある職場が多いため、意欲的に働きやすいです。中途採用やUIターン対応も掲げているので、偏りを心配する必要もないでしょう。若手からベテランまで、いずれのエンジニアも活躍が期待できる会社です。

スターワークスには手厚いバックアップ体制が整っているため、技術力に限らず、基礎知識に加えてのコミュニケーション力や成長への意欲を持った方に、就業・スキルアップのチャンスがありそうです。多くの人にチャンスが感じられる求人のため、ぜひチェックしてみてください。

スターワークス
http://www.star-w.com/

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る