記事の詳細

先日荻原綾さんに伺ったのですが、お気に入りの家具がある人の方が幸福度が高いという記事がありました。家具を買い替えることで、生活そのものが変わったとか、ストレスを感じにくくなった、身体が疲れにくくなったというように、精神的にも身体的にも変化があったと回答した人が多数いたのだとか。確かに家具って毎日の生活の中で使うものですから、生活の質と密着した関係にありますもんね。

特に家の中で過ごす時間が長く、家事をする主婦にとっては家具って大事なものだと思います。ちょっとしたことでも日々の積み重ねの中で不便なことが多いと疲れって蓄積されていく気がします。

私は特にベッドと洋服ダンスが気になっています。今使っているベッドはアパートに入るサイズのものを探したのですが、幅が狭くマットレスの質も良くないので寝ても疲れがとれにくいのです。実家のベッドにたまに寝ると、ベッドが違うだけでこんなに体が楽なんだ!と思いました。

それに旦那さんが実家から持ってきた洋服ダンスは、レールがついてないので引出しが重くて、毎日洗濯物をしまうときに力を使うので疲れます。新しいものに買い替えるのも一つの手かもしれませんね。

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る