記事の詳細

霊波之光 霊波之光のことが解らないと言う人たちに、出来る限り、霊波之光とは何かということについて知っていただきたいと思います。霊波之光に関心があれば、実際に参拝して、しっかり目で確認をしていただきたいと思います。
まず、霊波之光の参拝ルートを見てみましょう。東京方面からの人は、上野駅からJR常磐線で28分の場所にある柏駅でアーバンパークライン(東武野田線)に乗り換えて、運河駅で下車します。東京理科大学のキャンパスが隣にある、とても穏やかな場所に霊波之光はあります。

霊波之光には参門と霊波門の2つの門がありますが、特に霊波門は日本建築として捉えてもとても美しい門として知られています。私達がこのような美しいものを見て心が和むというのもとても理解しやすいことです。もっともっと、みなさんにはご自身の目で見て、確認して、納得していただきたいのです。白御影石が敷きつめられた参門前広場、そして、黒御影石のどっしりとした門柱、 さつきで覆われた祈りケ丘、緑豊かな御神域、 救いの城天使閣、そして、高くそびえるRHKプラザ館・・・。
霊波之光の御神域は、一歩足を入れると清々しい気持ちになり心が和む場所です。興味本位でも構わないと思います。時間を見つけて、この場所まで足を伸ばしていただければ幸いです。

霊波之光は、ここ千葉県野田市に本部がある宗教法人です。1969年3月7日、千葉県松戸市馬橋から現在の千葉県野田市に移転をして来ました。1975年3月2日には、救いの城、天使閣が落成しました。その後、札幌支部を始め、高知、郡山、北九州など、全国に支部、礼拝所が落成しました。
このように霊波之光は、大きく大きく成長しています。霊波之光で助け救われた人達や霊波之光の奇蹟については週刊誌などに度々掲載され、TBS系列の番組の報道特集で「真の神様」として全国に放送されたことがあるので、おおかた知っていると言う人達がいると思いますが、 実際に目で見ると、こんなにも霊波之光は美しかったのです。

霊波之光では月刊誌「THE REIHA」などを発行して、霊波之光について一層みなさんに知っていただく為の努力をしています。月刊誌「THE REIHA」は、信者の助け救われた体験談が満載され、カラー写真によって視覚的に霊波之光の魅力が解ります。みなさんに出来る限り解りやすい方法で霊波之光について知っていただきたいと思います。

少しの関心から生まれる霊波之光

私は霊波之光の参門と霊波門がとても好きです。参門は幸せへの扉、訪れる人をいつも暖かく迎えてくれます。そして、参門から眺める救いの城「天使閣」の美しさは一見の価値があります。霊波門は、とても美しく、日本建築として誰もがため息が出るくらい立派な門です。また、四季を通して美しく映える門としても知られ、心が和む場所です。是非、実際に参拝に来られ見て頂けたら幸いです。

ここで、霊波之光の参拝ルートをご紹介します。東京方面からお越しの方は、上野駅からJR常磐線で28分、柏駅で東武野田線(アーバンパークライン)に乗り換えて15分の運河駅で下車します。そこから徒歩7分。東京理科大学のキャンパスに隣接して霊波之光本部があります。まずは先ほどご紹介した広く大きな参門があります。参門を通ると白御影石が敷きつめられた参門前広場。黒御影石の太い、どっしりとした門柱。鮮やかな緑の祈りケ丘。その向こうには、白亜、三層の救いの城・天使閣が望まれます。広大な御神域には近代的な建物が立ち並ぶ一方、緑の木々や美しい花々に覆われ、四季折々でさまざまな様相を見ることができます。

霊波之光は、1969年3月7日に千葉県松戸市から現在の千葉県野田市に移転をしました。1975年3月2日には救いの城「天使閣」が落成しました。その後、札幌市を始め、仙台市、郡山市、横浜市、明石市、高知市、北九州市、那覇市に支部を、そして釧路市、旭川市、新潟市、長野市、静岡市、名古屋市、松山市に礼拝所、さらに札幌市、秋田市、仙台市、足利市、横浜市に実践者センターが落成しました。
このように霊波之光は、日々成長を続けております。

霊波之光では、より一層皆様に知ってもらうために月刊誌「THE REIHA」などを発行しています。月刊誌「THE REIHA」では助け救われた体験談などが満載され、カラー写真にて霊波之光の魅力をお伝えしています。月刊誌「THE REIHA」は、霊波之光の御教え集であり、毎月、自宅へと無料で郵送させていただきます。
その他、週刊誌などでも霊波之光の奇蹟について度々取上げられてきました。また、TBS系列の番組である報道特集では「真の神様」として全国ネットで霊波之光が紹介されています。

霊波之光の事を少しはご理解頂けたでしょうか?私はわからないという方々に、出来る限り霊波之光の事を知って頂きたい気持ちで記事を書きました。少しでも霊波之光に関心を持たれたのであれば是非、参拝に来られて実際にご自分の目で見て下さい。きっと皆様のお役に立てると思います。

霊波之光

http://www.rhk.or.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る